烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花将軍 北畠顕家の墓 北畠公園

Imag3038
公園入口


Imag3040
北畠顕家の墓


Imag3039
現地説明板


大阪市阿倍野区王子町にある「北畠公園」には「花将軍」と称された北畠顕家の墓があります。
 北畠顕家は皇室の歴史書「神皇正統記」を著した北畠親房の長男で、元徳2年(1330)13歳で左中弁となり、その後、弁官に任じられます。14歳には参議で左中将を兼ねるという異例の出世を果たしています。
   鎌倉幕府滅亡後の元弘3年(1333)後醍醐天皇による「建武の中興」成立のとき16歳で陸奥守に任ぜられ、義良親王を奉じて奥州に下り、鎮守府将軍に任じられます。
 延元元年(1336)に「建武の中興」での処遇に不満を持っていた足利尊氏が反逆すると、上洛して尊氏を九州に敗走させます。この功績により、顕家は権中納言、鎮守府大将軍に任ぜられ、再び奥州に戻ります。
    しかし、3ヵ月後に尊氏が体制を立て直し再侵攻したため奥州より再度上洛。各地で戦いを繰り広げますが、ついに高師直軍との戦いに敗れ戦死します。享年21歳でした。亡くなった場所は、「神皇正統記」などには摂津国石津(現在の堺市西区浜寺石津町)と書かれています。しかし、江戸時代の国学者・並川誠所は「太平記」などの伝承をもとに石津ではなく現在の阿倍野区王子町にあった「大名塚」と呼ばれる塚が、北畠顕家の墳墓と推定したことにより享保年間に墓碑が建立されます。顕家の墓所は大正以降整備され北畠公園となっています。




大阪府大阪市阿倍野区王子町3丁目8



スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/227-289a0819

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。