烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤穂浪士切腹の地 水野監物邸跡

 港区芝5丁目の「慶応通り振興会」(商店街)の西の端にある篠原医院の前に「水野監物邸跡」の案内板があります。


 この地周辺は元禄赤穂事件で、吉良邸討ち入りに加わった赤穂浪士四十七人のうち、九人が預けられた岡崎藩水野家芝三田屋敷の一部です。水野家は後に天保の改革を主導する水野忠邦を輩出した譜代大名で、水野監物忠之は第四代藩主です。元禄15(1702)年12月14日夜の吉良邸討ち入り後、赤穂浪士はこの水野邸のほか伊予松山藩松平家、熊本藩細川家、長門長府藩毛利家に預けられました。12月15日、お預けが決まると、水野家の江戸詰藩士150余人と留守居小川九郎右衛門郎を請取人として仙石伯耆守邸に遣わし、間重治郎光興ら9人を預かり、この屋敷に収容しました。翌16年(1702)年2月4日、9人はこの屋敷で自刃し、武士の本懐を遂げました。
水野家は細川家とともに赤穂浪士の取扱が丁寧で評判もよく、
 「細川(越中守綱利)の水の(水野監物)流れは清けれど、ただ大海(毛利甲斐守綱元)の沖(松平隠岐守定直)ぞ濁れる」という落首がその状況を伝えています。
                                ※現地案内板より


 飲食店が立並び、当時を偲ばせるものは灯籠のみとなってます。


Imag0190
水野邸にあった灯篭

Imag0191 Imag0189
水野邸跡の案内板
                  



東京都港区芝5丁目20番20号

スポンサーサイト

| 江戸時代 | 06:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/22-dd09495d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。