烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上杉伯爵邸

 上杉伯爵邸は、明治29年に米沢城二の丸跡に上杉家14代茂憲伯爵邸として建てられました。鶴鳴館(かくめいかん)と称され、当時は敷地約5,000坪、建坪530坪という壮大な大邸宅で皇族の御宿所としても利用されましたが、大正8年に発生した米沢大火で焼失します。
 大正14年に、設計者は中條精一郎、施工は名棟梁江部栄蔵により胴板葦き、総ヒノキの入母屋づくりの建物と、東京の浜離宮を模して造園された庭園が再建されました。
 現在は資料館と食事処として利用されています。

Dsc_2023 Dsc_2024
上杉伯爵邸の門



Dsc_2027 Dsc_2028
母屋(左)と庭園(右)



Dsc_2026
上杉鷹山公像




  山形県米沢市丸の内1丁目3-60      

スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/218-d6eefa5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。