烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

茶室 黄梅庵と伸庵

大仙公園内の堺市博物館横に、国の登録有形文化財である堺市茶室「黄梅庵」と「伸庵」の二つ茶室があります。その庭園には国指定重要文化財の旧浄土寺九重塔もあります。



Imag3084
入口



 奈良県橿原市の今井町の豊田家住宅にあった江戸時代中期の茶室を、日本の電力開発に尽力し「電力の鬼」と呼ばれた松永安左ヱ門が譲り受け愛用した茶室で、昭和55年に寄贈され移築したものです。庵名は梅の実が黄熟する頃に完成したことから、松永により命名されたそうです。



Imag3089
黄梅庵



 伸庵は数奇屋普請の名匠といわれた仰木魯堂が、粋をこらして昭和4年に建てた茶室で、もともと東京芝公園にあったものを、昭和55年に寄贈され移築したものです。一部2階建の桟瓦葺の建物で、中庭を囲み玄関・広間・茶室・座敷等が配置されています。



Imag3085
伸庵




 「黄梅庵」と「伸庵」の二つ茶室の間にある庭園に石塔が建っていますが、この石塔は国指定重要文化財の旧浄土寺九重塔です。明治維新の廃仏毀釈により廃寺となった大阪府南河内郡千早赤阪村小吹の浄土寺にあったもので、台石の正面には嘉元四年(1306)の年号が刻まれており、鎌倉時代に製作されたものと考えられています。塔身の正面には阿弥陀仏を浮彫りにし、他の三面には梵字が刻まれています。



Imag3086
旧浄土寺九重塔




大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁(大仙公園内)

スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/217-f355a32d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。