烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

堂森善光寺~前田慶次供養塔

 堂森善光寺は米沢市郊外にある真言宗豊山派の寺院で平安時代の創建と伝えられていますが、度重なる火災で記録を失い詳細は分かっていません。


 最近、パチンコのキャラクターにも採用された漫画「花の慶次」の主人公・前田慶次は晩年、善光寺の近くに居を構えていたそうです。


 前田慶次(利益)は織田信長の重臣・滝川一益の一族でしたが前田利家の兄である前田利久の養子となります。利久は前田家当主でしたが信長の命により隠居させられ、代わりに前田利家が当主となりました。慶次は利家に仕えて小牧・長久手の戦い等で活躍しますが、養父・利久の死を契機に前田家を出奔。京都で浪人生活を送ります。


 京都では古田織部等、多くの文人と交流を結んだそうで慶次主催の連歌会に細川幽斎が出席した記録も残っています。


 上杉景勝や直江兼続とも親交を結び、後に仕官して、関ケ原の戦いでも活躍しました。


 上杉家が米沢に移封されると、慶次は堂森に居を構え、和歌や連歌を詠む悠悠自適の生活を送り,慶長10年(1605)[慶長17年という説も]に70歳くらいで亡くなったそうです。


 慶次の墓は寺が廃寺となったため現存していませんが、ゆかりのあった堂森善光寺に昭和55年に供養塔が建立されました。




Dsc_1975 Dsc_1976
仁王門(左)と本堂(右)。冬支度で中が見えません。




Dsc_1980_2  Dsc_1981
本堂側面(左)と看板(右)



Dsc_1977  Dsc_1979
前田慶次の供養塔
 

   山形県米沢市万世町堂森山下375      

スポンサーサイト

| 戦国時代 | 11:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/210-0e47d9fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。