烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南宗寺周辺

 大阪市堺市の南宗寺は弘治3年(1557)、阿波国の戦国大名・三好長慶が父・三好元長の菩提を弔うために創建した寺院です。当初は堺市宿院町付近にありましたが度々の戦火で寺院は焼失。その後、たくあん漬で有名な沢庵宗彭が住職となり現在地に再興しています。
 南宗寺は千利休や利休の師匠・武野紹鴎との関わりが深い寺院で武野紹鴎や千利休一門の供養塔が残されています。また、徳川家康は大阪の陣の時に大坂方の軍師・後藤又兵衛により殺害されたという伝説があり家康のものと伝わる墓も残されています。
 ここを訪れたときは拝観時間を過ぎていたため、外から眺めただけで次の目的地へ向かいました。




Imag3094

南宗寺




Imag3095

南宗寺  




 南宗寺の塔頭・天慶院は、もとは海眼庵といい、千利休が堺に居た時は海眼庵の檀家だったそうです。境内には武野紹鴎ゆかりの茶室や、利休の高弟・山上宗二の供養塔が残されているそうです。



Imag3097

天慶院(海眼庵)




 集雲庵は別名、南防といい、室町時代の高僧・一休宗純の弟子により創建された臨済宗大徳寺派の寺院でした。その後、南宗寺の塔頭となっていますが明治に入り廃寺となり、現在は存在していません。




Imag3090

集雲庵跡





南宗寺:大阪府堺市堺区南旅篭町東3丁1



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 08:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/209-a8e06fb1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。