烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

吉田松陰旅宿の地

 長州藩の思想家・吉田松陰は嘉永5年(1852)に東北への旅に出ています。藩の通行手形が間に合わなかったため脱藩という形での旅でした。


 米沢にも訪れ、藩校・興譲館を見学しています。興譲館は当時、全国有数の学問所として知られていました。この時、松陰が滞在した旅館の跡地に記念碑が建立されています。


 松陰は東北から江戸へ帰った後、黒船へ乗り込み密航を企てますが失敗し萩で幽閉されます。そして、松下村塾で勤王の志士たちを育てる訳ですが、皮肉なことに松陰の弟子達が樹立した新政府が戊辰戦争で会津・米沢と戦うことになったのでした。


Dsc_2063



Dsc_2065


  「吉田松陰旅宿の地」碑




    山形県米沢市中央7丁目



スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 01:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/201-ec5f88e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。