烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福島正則の墓 正覚院

 港区三田の幽霊坂の坂上近くの路地を南側に曲がると「正覚院」というお寺があります。正覚院は、戦国大名・福島正則の息子、正利の創建で、境内には正利の墓と正則の墓(供養塔)があります。
 福島正則は豊臣秀吉子飼いの武将で賤ヶ岳の七本槍の一人として活躍。秀吉最晩年には清洲24万石の大名となります。文治派の石田三成とは反りが合わず、関ケ原の戦いではいち早く徳川家康に味方し、戦後、広島藩49万石の大大名となりました。
 しかし、家康の死後、間もない元和5年(1619)、広島城を幕府の許可なく改修したとして改易。高井野藩(信濃国高井郡)4万5千石に転封されます。正則は家督を次男・忠勝に譲り隠居します。しかし、忠勝は翌年に病死したことから領地のうち2万5千石を幕府に返上しました。
 そして、寛永元年(1624)に正則も64歳で生涯をとじますが、このとき正則の遺体を幕府の検使が到着する前に火葬した事から、全ての領地が没収されてしまいました。
 しかし、福島正則は江戸幕府成立に多大に功績があった事から正則の末子の福島正利が3112石の旗本に取り立てられたのです。
 旗本福島家は正利に子供がいなかったため、一度断絶しますが、京に住んでいた忠勝の孫・正勝を呼び戻し再興、幕末まで2,000石の旗本として存続し続けます。




Imag0328
正覚院入口




Imag0330_2
福島正利の墓(左)と福島正則の墓(供養塔)(右)




東京都港区三田4-11-26

スポンサーサイト

| 戦国時代 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/2-12b9e4e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。