烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

浅野内匠頭終焉の地

 昨日、虎ノ門ヒルズについて紹介しましたが、ビルの全景を撮った場所は虎ノ門ヒルズへと向かう環状2号線と日比谷通りが交差する交差点から撮りました。ここには浅野内匠頭終焉之地碑が建立されています。
 赤穂藩第3代藩主であった浅野内匠頭は元禄14年3月14日(1701年4月21日)に、江戸城松の廊下で高家・吉良上野介に切りかかり負傷させます。
 浅野内匠頭は奏者番の陸奥一関藩主・田村建顕の芝愛宕下にあった屋敷に預けられ即日切腹となります。その後、家老の大石内蔵助率いる赤穂浪士による吉良家討入り「元禄赤穂事件」へと繋がっていくのですが、浅野内匠頭が切腹した田村邸跡付近に碑が建立されたのです。
 実は二年前に一度訪れたのですが、その時は環状2号線の工事で撤去されていていました。その後、元あった場所に再設置されたそうです。




Imag4186

                    


東京都港区
新橋4-31付近



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/199-ca3437b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。