烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

電気鉄道事業発祥の地

 京都では 琵琶湖の水を利用した水力発電所が 明治23年に完成し, その電力を利用して 明治25年に 日本で最初の電車が開通します。 京都電気鉄道(株)の経営で 京都駅から伏見まで 約6kmの路面電車だったそうです。
 路線は大正7年に 京都市電に買収され, 市電・伏見線として 活用されていましたが, 昭和45年に廃止されています。終着駅付近である伏見下油掛町の交差点に「電気鉄道事業発祥の地」の碑がありますが昭和45年に「鉄道友の会」が建立したものです。また、今回取材しませんでしたが、始発駅であった京都駅北口の北東の端にも昭和50年に 国鉄や京都の私鉄6社などが 共同で建てた石碑があります。



Imag3534
電気鉄道事業発祥の地


Imag3535
電気鉄道事業発祥の地碑



京都府京都市伏見区下油掛町





スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/189-790a9a03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。