烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

芭蕉と龍馬 西願寺(油懸地蔵)

 京都市伏見区下油掛町には、その地名の由来となった油懸山地蔵院西岸寺と号する寺があります。
 天正18年(1590)雲海上人によって創建され、地蔵堂には、油懸地蔵と呼ばれる石仏の地蔵尊が安置されています。寺伝によれば、むかし山崎の油商人が門前で転び、桶に残った油を地蔵尊にかけて供養してから行商に出たところ、商売が大いに栄えたといわれ、以後、この地蔵尊に油をかけて祈願すれば願いが叶うという信仰が生まれました。



               
Imag3538

西願寺地蔵堂




 境内には、「我衣にふしみの桃のしづくせよ 芭蕉」と刻まれた句碑があります。これは、貞享2年(1685)俳人でもあった三世住職任口(にんく)上人を訪ねた松尾芭蕉が、再会の喜びを詠んだもので、伏見の名物であった桃にことよせて詠んでいます。碑は、文化2年(1805)に建立されています。




Sany0647

芭蕉翁塚




 慶応2年(1866)、西願寺の近くにあった船宿「寺田屋」に宿泊していた坂本龍馬を伏見奉行が捕縛しようとした「寺田屋事件」が発生しますが、負傷した龍馬は何とか寺田屋を脱出し西願寺の地蔵堂に身を隠し追手をやり過ごします。その後、材木小屋へ移動して薩摩藩に救出されています。



 なお、当時の地蔵堂は、鳥羽伏見の戦いで焼失し、現在の建物が昭和53年(1978)に再建されています。




Sany0640

現地案内板





京都市伏見区下油掛町898





スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/187-1f1c434f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。