烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米沢藩主上杉家廟所

 米澤城から北西に1kmほど離れたところに歴代米沢藩主が眠る上杉家廟所があります。


 慶長6年(1601)に上杉景勝公が米沢へ転封されると、謙信公の遺骸は米沢城本丸に祠堂を造営して祀られます。この時、城内で何かあったときの避難所として定められたのが現在の上杉家廟所です。
 景勝公は元和9年(1623)に亡くなり廟所としたのが最初で、以後、12代斉定公まで歴代藩主がこの地に埋葬されています。




Dsc_2091 Dsc_2094
廟所入口




Dsc_2101
歴代藩主の廟所




 上杉謙信公の遺骸は明治に入るまで米沢城内にありましたが、新政府の廃城令に伴い歴代藩主の眠る廟所へ移され埋葬されました。現在、歴代藩主の廟の中央に位置する場所に眠っています。
              



Dsc_2096 Dsc_2097_2
上杉謙信公の廟所




               
Dsc_2098_2
上杉景勝公の廟所




 もちろん米沢藩中興の祖である9代・上杉鷹山公の廟もあります。隣りには実子で十代・治広公(8代重定公の弟)の後継者であった顕孝公の廟があります。藩主になる前に19歳で亡くなり鷹山公の血筋は絶えてしまいました。



 資料館に鷹山公の廟を改修した際に発見された石に刻まれた墓誌と数珠が展示してありました。



                  
               
Dsc_2104 Dsc_2105
上杉鷹山公の廟(左)隣りの小さな廟は実子の顕孝公の廟。右の写真は鷹山公の廟から発見された石で出来た墓誌と数珠。

山形県米沢市御廟1丁目5−30

スポンサーサイト

| 江戸時代 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/186-5f1bedb1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。