烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明治天皇陵(伏見桃山陵)

 伏見を訪れたので明治天皇陵である伏見桃山陵にもお参りしてきました。明治天皇は急死した父親の孝明天皇の跡を継いで15歳で第122代天皇に即位します。尊王攘夷運動が高まっていた幕末において幕府に対して理解のあった孝明天皇が亡くなったことにより朝廷内では討幕派が優勢となり、将軍・徳川慶喜は慶応3年10月15日(1867年11月10日)に大政を奉還します。そして「王政復古の大号令」が発せられ新政府が樹立。年号が明治と改められました。
 明治元年10月13日に、明治天皇は初めて江戸に行幸し、江戸は東京に改められます。一旦京都に還られた後、翌年に再び東京に移り、以後、天皇は東京の皇居に居住されることになります。
 そして日本は急速に近代化の道を進み、日清・日露戦争の勝利を経て列強諸国に肩を並べていくことになるのです。

Sany0678
看板

 明治天皇は明治45年(1912)7月に、宝算61歳(満59歳)で崩御。同年(大正元年)9月13日に現在の神宮外苑にて「大喪の礼」が行われ、柩は列車で、京都の伏見桃山陵に運ばれ、9月14日に埋葬されます。
 伏見桃山陵は、かつての伏見城本丸の跡に造られたそうです。豊臣秀吉が亡くなった場所であり、徳川家康が天下取りを見据えていた場所に、武家による政治に終止符を打った明治天皇が眠っているのも感慨深いものがあります。

Sany0680
石段

Sany0683_2
伏見桃山陵

Sany0685
伏見桃山陵

Sany0686
伏見桃山陵

Sany0682
秀吉や家康も見ていたであろう景色

京都府京都市伏見区桃山町古城山



スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/183-8cd5e8f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。