烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

保科正之の墓所・土津神社

 会津を紹介したときに掲載しようと思っていたのに忘れていたので、今回紹介しますが会津藩初代藩主の保科正之は、福島県耶麻郡猪苗代町の土津神社に眠っています。
 正之は2代将軍徳川秀忠の四男で3代将軍家光の異母弟です。庶子であったため信濃高遠藩主・保科正光の養子となり跡を継ぎます。家光が正之の存在を知ったのは父秀忠が亡くなった後で、その実直な人柄と有能さを気に入り、会津23万石の大大名に引き立て自らの側近としました。家光は死に際して正之に息子・家綱の事を頼み亡くなっています。

Dsc_2396_2 Dsc_2397_2
土津神社参道



 保科正之は磐梯山麓の磐梯神社を参拝した際にこの地を気に入り、死後、神社の末社として祀るように遺言します。
 寛文12年(1673)に正之が亡くなると遺言どおり神社が造営され延宝3年(1675)に土津神社が創建されました。
 社殿は江戸時代には日光東照宮と並び称されるほど豪華絢爛な建物でしたが戊辰戦争で焼失し明治時代に再建されています。

Dsc_2398 Dsc_2399
神社境内

 神社拝殿からさらに山道を上がったところに奥の院があります。奥の院が保科正之の墓所です。
 取材当時は雨の降る中、石段を上がりようやく奥の院にたどり着きましたが、上がってみると下の拝殿前の道から車で上がれることが分かりました。まあ、自分の足で上がったほうがありがたみがあると自分に言い聞かせましたが。
 奥の院の中を除くと墓碑の後ろが塚となっていて正之公はそこに葬られているようです。


Dsc_2407 Dsc_2400
奥の院から見下ろす参道(左)と奥の院(右)

 保科正之は囲碁が趣味で、御城碁で本因坊算悦と安井算知の対局を観戦した際に「本因坊の方が分が悪い」と口走ってしまい算悦が激怒して謝罪したというエピソードがあります。

 正之は囲碁家元・安井家から囲碁の指導を受けていたそうで、御城碁の際は安井家一門は保科家上屋敷から途上しています。安井算知の名人碁所就任に尽力していますし、そのつながりから二世安井算哲(渋川春海)に改暦を命じています。


Dsc_2403_2
奥の院の保科正之の墓

   福島県耶麻郡猪苗代町字見祢山1



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 02:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/181-ecb68e43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。