烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

泉岳寺 赤穂浪士の墓

 泉岳寺が江戸時代に火災で焼失した際に、再建に浅野家も加わった縁で、切腹した浅野内匠頭は泉岳寺に葬られました。
 元禄15年(1703)12月14日に主君の仇討ちを果たした四十七士は、浅野内匠頭の墓前に吉良上野介の首を供えると、幕府により細川家、水野家、毛利家、松平家の四藩に預けられます。翌年2月4日には全員切腹の命が下り各藩にて切腹しています。そして主君の眠る墓の周りに葬られました。墓石の配置は預けられていた先ごとにまとめられています。なお、四十七士の戒名には、皆「刃」の文字が使われているのが特徴です。
 墓所には現在も毎日、多くの参拝者が訪れ線香が絶え間なくあげられています。


Imag0214 Imag0217
赤穂浪士墓所入口(左)と墓所の風景(右)

Imag0218 Imag0220
浅野内匠頭の墓(左)と奥方の墓(右)



Imag0235 Imag0229
四十七士の墓



Imag0233 Imag0225
大石内蔵助の墓(左)と息子・大石主税の墓(右)


Imag0227 Imag0226
堀部安兵衛の墓(左)と十三回忌碑(右)

スポンサーサイト

| 江戸時代 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/18-e3c092c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。