烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

御香宮神社

 京都市伏見区にある御香宮神社は神功皇后を主祭神とする神社で、創建の由緒は不詳ですが、貞観4年(862)に社殿を修復した記録が残されています。この年、境内より良い香りの水が湧き出し、その水を飲むと病が治ったので、時の清和天皇から「御香宮」の名を賜ったといいます。この湧き出た水は「御香水」として名水百選に選定されています。
 豊臣秀吉の、伏見城築城の際には鬼門の守護神として城内に移転しますが、後に徳川家康により元の位置に戻され、現在の本殿が造営されます。現在の表門は伏見城の 大手門を移築したものと言われています。
 明治元年(1868)に起こった「鳥羽伏見の戦い」では薩摩藩の本営となりますが、本殿等は被災を免れています。




Imag4294

伏見城の大手門を移築した表門




 拝殿は寛永二年(1625)、紀州徳川家初代徳川頼宣の寄進により造営された割拝殿で、正面軒唐破風は、手の込んだ彫刻によって埋められています。平成九年に半解体修理が行われ極彩色が復元されています。




Imag4278

拝殿




Imag4279

拝殿




Imag4281

御香水


Imag4284

徳川家康の命令で建立された本殿



京都市伏見区御香宮門前町174



スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/177-e520c65d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。