烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

両替商旧跡(伏見)

 京阪「伏見桃山駅」の南側にある両替町通には江戸時代に数多くの両替商が軒を連ねていたといいます。両替町3丁目には「両替商旧跡」の碑が建立されています。
 豊臣秀吉の死後、伏見城へ入城した徳川家康は、慶長6年(1601)に大坂から大黒常是を呼び寄せ、両替町5丁目に当たる場所に「伏見銀座」を開きます。ここでは慶長豆板銀、慶長丁銀の鋳造が行われ金銀の品質が初めて統一されます。
「伏見銀座」は慶長13年(1608)に現在の京都市中京区両替町通に移転し「京都銀座」となりますが、伏見には両替商がそのまま残り金融の中心地として賑っていました。>

Imag4296
両替商旧跡

Imag4295
両替商旧跡碑

京都市伏見区両替町三丁目



スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/174-6efda84f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。