烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

霊光寺の将棋の駒形墓と、宝塔寺

 京都市伏見区にある「霊光寺」に将棋の初代名人・大橋宗桂と、棋聖・天野宗歩の墓があると聞いて訪れてみました。
 大橋宗桂は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕えた将棋の棋士です。当時は将棋と囲碁がどちらもできる者が多く、宗桂は囲碁の本因坊算砂と度々将棋や囲碁の対局をした記録が残っています。囲碁では算砂に分があり将棋は宗桂の方が強かったようです。ちなみに、茶道の千利休も算砂に囲碁を習っていたそうですので算砂は利休に茶道を習ったのかもしれません。
 江戸幕府が成立すると、将棋と囲碁が好きな徳川家康は碁将棋所を設立。本因坊算砂は囲碁界と将棋界を統括します。その後、算砂は将棋所を独立させ初代将棋所となったのが大橋宗桂なのです。
 天野宗歩は以前、歴代本因坊が眠る巣鴨の本妙寺にある墓を紹介しましたが初代名人・大橋宗桂の隣りにも墓碑が建立されたのでしょう。江戸時代の将棋界では名人になれるのは家元の大橋家と伊藤家のみであったため、実力は十分にありながら「名人」になれなかった宗歩に「棋聖」の称号が贈られています。

Imag4326
霊光寺

 霊光寺は、源氏物語にも登場する極楽寺が前身である宝塔寺の塔頭で、その参道脇に入口があります。宗桂と宗歩の墓は将棋の駒の形をしているとのことで楽しみにしていたのですが、なんと山門には拝観拒絶の立札があり中に入ることが出来ませんでした。何年か前には入れたようなので最近の事なのでしょう。

Imag4329_2
霊光寺山門

 霊光寺の前に観光案内板があったので見てみると霊光寺の所には将棋の駒の形をした墓の絵が描かれていますが、見学できる史跡には番号が付けられているのに対し、そこには番号が付けられていないので、やはり見学不可のようです。

Imag4330
観光案内板。中央あたりに宗桂の墓のイラストあり。

 代わりといっては失礼ですが宝塔寺へ参拝しました。
 宝塔寺は初代関白・藤原基経の発願で建立された極楽寺が前身で、寺は応仁元年(1467)に応仁の乱で焼失。その後、再建されたのは、天正18年(1590)の事です。現在の本堂は慶長13年(1608)に建立されたもので京都市内で最古の日蓮宗本堂建造物です。平成14年に解体修理が行われています。
 鮮やかな朱色の仁王門は 宝永8年(1711)に建てられたもので、左右に、二体の金剛力士像が安置されています。

Imag4327
仁王門

Imag4328
本堂

京都府京都市伏見区深草宝塔寺山町32

スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/171-123c1f7b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。