烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

九段会館

 神田神保町から九段下まで歩いてきましたが、交差点から九段会館が見えました。
 九段会館は旧軍人会館で、昭和天皇の即位の礼を記念する事業の一環として昭和9年(1934)に竣工。鉄筋コンクリート造で洋風建築の上に和風の大きな瓦屋根を載せた「帝冠様式」の代表作の一つとされています。
 戦前は主に軍の予備役・後備役の訓練、宿泊に使用され、「二・二六事件」勃発時には戒厳司令部が置かれた場所で、終戦後にGHQに接収され進駐軍宿舎として使用された後、国へ返還されると、日本遺族会に対し無償払い下げが行われ、宿泊・結婚式場・貸しホール等として活用されてきました。
 しかし、平成23年(2011)に発生した東日本大震災により、ホールの天井版が崩落し死傷者が出たことから廃業。現在は閉鎖されています。
 今後、高層ビルに建て直されるそうですが、昭和初期の雰囲気を伝える歴史的建造物を、どのように残していくか現在検討されています。

九段会館
九段会館

千代田区九段南1丁目6−5
スポンサーサイト

| 昭和時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。