烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中央工学校開校の地

 地下鉄新宿線の神保町駅 A1出口から南に200mほど行ったところにある日本教育会館(一ツ橋ホール)前の歩道上に「中央工学校開校の地」の碑があります。
 中央工学校は、工業技術者育成のために設立された私立の専門学校で、明治42年(1909)に この場所に開校。
 戦争により焼失したため、昭和37年(1962)に 北区王子に校舎を新築し移転しています。
 卒業生の中には、昨年ブームとなった田中角栄元首相がいます。
 碑は、平成21年(2009)に 開校100周年を記念して建立されたものだそうです。

中央工学校開校の地
中央公学校開校の地

碑


千代田区一ツ橋2丁目6−3 一ツ橋ホールとなりの一ツ橋ビル前の歩道
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。