烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

方円社の新会館

 明治12年(1879)に設立された方円社は神田区表神保町にありましたが、明治26年(1893)に神田区錦町三丁目へ新築移転し披露会が開催されています。
 明治19年(1986)10月14日に初代社長・本因坊門秀甫が亡くなり、中川亀三郎が二代目社長となっていますが、方円社の経営は実質的に小林鉄次郎が行っていて安定していました。表神保町の住所は寄留となっていて借家のようでしたので、念願の自社ビルを建築したのでしょう。
 場所は現在の学士会館の南側で、神田税務署の西側となります。この場所は学士会館と同じ、東京大学があった場所で、大学が本郷に移転したことにより土地が分譲されたと思われます。

大正元年の地図
大正元年の地図

 秀甫が本因坊門となり新会館が出来るなど、正にこの頃の方円社は絶頂期を迎えますが、移転から数ヶ月後に小林鉄次郎が亡くなると、その繁栄も次第にかげりを見せ始め、数年後には会館を手放すことになります。
 その後、方円社は以前紹介した末廣町へ移転していますが、そこは亀三郎が借りた普通の民家に看板をかけただけの質素なものだったと言われています

方円社跡
方円社跡

神田区錦町三丁目十五番地
 現住所:千代田区神田錦町3丁目5−1、9、7-2あたり

【関連記事】
 明治20年代後半の方円社跡地
スポンサーサイト

| 方円社 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。