烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京大学発祥の地 学士会館

 千代田区神田錦町の「学士会館」正面玄関の前に「東京大学発祥の地」の碑が建立されています。説明版は「我が国の大学発祥地」と表記されていて、東京大学発祥地がイコール我が国大学の発祥地であることを示しています。学士会館については以前、建物の北側にある「日本野球発祥の地」の碑について紹介しています。
  この辺りは元々、護持院という寺院があったことに由来する「護持ケ原」と呼ばれる「火除地」があり、将軍の猟場として使用されてきました。
 その護持ケ原に文久2年(1862)、洋学調所(蕃書調所)が移転してきて、明治2年(1869)には大学南校となります。その後、名称が何度か変わり、明治10年「東京開成学校」の時に、当時、加賀前田屋敷跡にあった東京医学校と合併し、 東京大学が創立されました。 
  護持院ケ原は、東京大学のほか、東京外国語大学、学習院、一橋大学の発祥の地であり、その影響で神保町の書店街が形成されていったそうです。

学士会館
学士会館

 学士会は、明治19年(1886)に帝国大学(現在の東京大学)の同窓会組織として創立。帝国大学は現在、東京大学、京都大学、名古屋大学などに分かれたため、一つの大学の枠を超えた組織となっています。
 現在の学士会館は、昭和3年(1928)に関東大震災の復興建物として完成。現在は宿泊、レストラン、会議室、結婚式場などを完備する施設ですが、昭和11年(1936)に勃発した「2・26事件」では第14師団東京警備隊司令部が置かれ、太平洋戦争時は屋上に高射機関銃を設置。戦後はGHQに接収され高級将校の宿舎や将校倶楽部として活用されるなど様々な歴史を刻んでいます。

東京大学発祥の地碑
東京大学発祥の地碑

説明板
説明板

千代田区神田錦町3−28

【関連記事】 日本野球発祥の地
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。