烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小川町と和田静林

 神田小川町にやってきました。小川町は江戸時代、神田の西半分の地域をさした俗称でした。その由来は、このあたりに清らかな小川が流れていたからとか、「小川の清水」と呼ばれた池があったとか諸説あります。江戸城を築いた太田道灌は、その風景を「むさし野の小川の清水たえずして岸の根芹をあらひこそすれ」と詠んでいます。
 もとの正式な町名は鷹狩に使う鷹を飼育していた鷹匠が住んでいたことから「元鷹匠町」と呼ばれていましが、五代将軍綱吉が「生類憐みの令」を施行し鷹狩を禁止したため「小川町」と改称されたそうです。

小川町三丁目の町名由来板
小川町三丁目の町名由来板

 安政3年(1856)の絵図では、この界隈に寄合医師・和田春孝、常陸土浦藩土屋家の上屋敷などが見られます。囲碁史の観点から見ると、この寄合医師・和田春孝の家系に幕末近くに本因坊門3段の和田静林という人物がいました。静林は次男だったそうで和田家は継いでいません。和田家があった場所は現在の「三井住友銀行神保町支店」になります。

安政三年の絵図
安政三年の絵図

和田邸跡
和田邸跡

町名由来板:神田小川町三丁目10番地
三井住友銀行神保町支店:神田小川町3丁目12
スポンサーサイト

| 本因坊家 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。