烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お玉が池 玄武館跡と種痘所記念碑

 以前紹介した、お玉が池にあった北辰一刀流、千葉周作の道場「玄武館」跡に行ってみました。しかし、現在マンション建築中で碑を確認することは出来ませんでした。以前は小学校の跡地として校門のみ残されていて、横門から入ると碑が見学できたのですがマンション完成後に碑が元に戻されるのかは不明です。

玄武館跡
玄武館跡

 岩本町3丁目の交差点に「お玉が池種痘所記念」と刻まれた碑がありました。安政5年(1858)、お玉が池のほとりに伊藤玄朴や大槻俊斎ら江戸の蘭学者たち82名が資金を出し合い「種痘所」を開設しています。その拠出者の筆頭が先日紹介した箕作阮甫です。
 種痘所は、痘瘡の予防接種の普及を図るための集会所で、勘定奉行の川路聖謨の屋敷にあったそうです。しかし、半年後に焼失し、現在の神田和泉町に移転しています。、種痘所は名前を変えながら存続し、東京大学医学部へと発展しています。ということで碑は東大医学部が設置しています。岩本町3丁目交差点から、もう少し南側に行ったところに「お玉ヶ池種痘所跡」の碑がありますが、今回はそちらには行けませんでした。

種痘所跡
種痘所記念碑

碑文
碑文

玄武館跡:千代田区神田東松下町22
種痘所記念碑:千代田区岩本町2丁目5−8付近 岩本町3丁目交差点

【関連記事】
 お玉が池と千葉周作道場「玄武館」
 箕作阮甫の墓所 多磨霊園
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 10:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。