烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本因坊秀栄邸跡 西黒門町

 以前紹介した湯島天神の近くにある本因坊秀栄が晩年を過ごした屋敷跡を久しぶりに訪れました。秀栄の支援者であった高田商会の高田槙蔵・民子夫妻より提供されたもので、高田邸もすぐ近くにありました。

高田槙蔵夫妻より提供された秀栄邸跡
高田槙蔵夫妻より提供された秀栄邸跡

 秀栄の支援者であった高田慎蔵の屋敷跡については、すでに紹介したと思っていたらまだのようでした。
 一代で高田財閥を作り上げた高田慎蔵は明治21年(1888)貿易商社「高田商会」を設立。機械輸入販売を手掛けた高田商会は日清・日露戦争で、海軍省御用となり軍需品を納め急成長しています。
 慎蔵の屋敷は、湯島三組町に明治33年に竣工。コンドルの設計で、写真は残っていないものの、設計図面によるとルネサンス様式で鉄骨造のベランダが特徴の洋館で、暖房設備も完備されていたそうです。
 高田慎蔵、民子夫妻は囲碁が趣味で秀栄を支援。高田邸では三段以上を参加資格とした研究会「四象会」が定例的に開かれています。ただ、102回続いた四象会は明治37年(1904)に突然終止符が打たれます。原因は秀栄の弟子の野沢竹朝が高田民子に暴言を吐いたためで、民子は秀栄に抗議しますが、秀栄は竹朝をかばい、以降高田の援助を断ったそうです。
 その高田邸があった場所を調べてみると、現在の東都文京病院敷地内であることが分かりました。2014年に設立された同病院の前身は日立製作所が昭和35年(1960)に創業50周年記念事業として開設された「小平記念東京日立病院」です。この場所は日立製作所創業者の小平浪平の屋敷跡だったそうですが、高田邸跡を買い取ったということなのでしょう。

高田邸跡
高田邸跡

 ところで、本因坊秀栄が高田慎蔵から屋敷を提供される前に住んでいた場所が西黒門町(上野1丁目)にあったことが分かり行ってみました。湯島天神町(湯島3丁目)の屋敷跡から200mほど離れた場所です。
 明治以降、方円社の勢いに押されていた坊門もこの時期、徐々に勢いを取り戻し、やがて秀栄は名人の道へと進むこととなるのです。 

西黒門町の地図
大正元年の西黒門町の地図

秀栄邸跡
秀栄邸跡

本因坊秀栄邸跡1 : 湯島天神町1丁目77( 現住所:湯島3丁目22-5 シルクマンション野口)
高田慎蔵邸跡 : 本郷湯島三組町五八(東京都文京区湯島3丁目5−7 東都文京病院)
本因坊秀栄邸跡2 : 下谷区上野西黒門町19(東京都台東区上野1丁目7)

【関連記事】
 本因坊秀栄の屋敷跡


スポンサーサイト

| 本因坊家 | 09:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。