烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

方円社発祥の地「相生亭」の場所について

 先日「囲碁史会」のメンバーと、都内で方円社の足跡をたどる機会があり、以前紹介した囲碁研究会「方円社」の発会の地「相生亭」があった神田区花田町の跡地を案内しました。
 村瀬秀甫(本因坊秀甫)や中川亀三郎らが中心となり設立された「方円社」には各家元の当主クラスも参加し、明治12年(1879)4月20日に「相生亭」にて発会式が行われますが、やがて実力第一主義で家元の格式を認めない運営方針に家元側が反発し5ヶ月後に脱退。方円社は秀甫を社長とする組織に再編され、以降、日本棋院設立まで囲碁界の一翼を担っていくこととなるのです。

 「相生亭」の詳細については不明ですが、花田町については以前の調査で、現在の秋葉原駅近くの千代田区外神田「ソフマップ秋葉原本店」から道路を挟んだ愛三ビルにかけてがその区域になることが判明しましたが、今回案内した一部のメンバーから、もっと南側ではという意見もあり、場所について再検証してみました。

 この辺りは時代とともに大きく変貌していますので、方円社の発会式が開かれた時期に近い地図を探し、明治16年の地図を入手しました。
 当時の地図を見ると、「花田町」は「鎮火社」のすぐ北側にあった事が分かります。その東隣りが「相生町」ですので、「相生亭」の名称はここから来ているのかもしれません。
 ちなみに、「鎮火社」は明治2年(1870)の大火を受けて設けられた火除地で、宮城(江戸城)内の紅葉山から鎮火三神を勧請して「鎮火社」が創建されます。その火防の神・秋葉大権現から人々が火除地を「秋葉の原」「秋葉っ原」と呼んだことで、秋葉原の地名が誕生したそうです。
 また、「鎮火社」境内は、「花岡町」という地名でしたが、明治23年に上野駅より鉄道が延伸されて貨物駅として開発されます。この「秋葉原駅」が誕生した際に、「花田町」の南側の一部が「花岡町」に編入され「花田町」の区域は縮小しています。

明治期の花田町
明治16年当時の花田町

 地図を見ると、花田町の西側の道を南下すると「昌平橋」に至りますが、この「昌平橋」は現在の「万世橋」だそうです。
 さらに、花田町から西側に伸びて、湯島聖堂北側に至る道の形は、現在も変わっていないことが、現在の地図と照合してみると分かります。さらに、花田町という地名は残っていませんが、神田相生町という地名があり、花田町の隣りにあった「相生町」であると考えられることから、これらの位置関係を見ると、やはり花田町は千代田区外神田の「ソフマップ秋葉原本店」の辺りと考えるのが妥当と思われます。

花田町周辺
花田町周辺

現在の地図
現在の地図

現在の花田町
現在の花田町跡

旧東京神田・花田町跡(ソフマップ秋葉原本店付近 千代田区外神田4-1-1)

【関連記事】 囲碁界の新しい波「方円社」発祥の地は秋葉原
スポンサーサイト

| 方円社 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。