烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武蔵の里の施設

 宮本武蔵生家跡から1kmほど離れたところに、智頭急行智頭鉄道「宮本武蔵駅」があります。全国的にも珍しい人名の駅です。
 駅前には幼少時代の武蔵・お通・又八の三体像がありました。

宮本武蔵駅
宮本武蔵駅

駅前の像
駅前の像

 「宮本武蔵顕彰武蔵武道館」は、「武蔵の里」のシンボルとして建てられ、剣道の試合などが行われています。
 建物の独特のデザインは、武蔵が作った刀の鍔「海鼠透鍔(なまこすかしつば)をモチーフとしていて景観との調和を図っています。

宮本武蔵顕彰武蔵武道館
宮本武蔵顕彰武蔵武道館

 宮本武蔵生家跡から3kmほど離れた、因幡街道(県道5号線)の吉野川に架かる「淀橋」に宮本武蔵像があります。剣の道を究め、剣聖と呼ばれた晩年の姿の像です。

淀橋
淀橋

宮本武蔵像
宮本武蔵像

宮本武蔵駅 : 岡山県美作市今岡
宮本武蔵顕彰武蔵武道館 : 岡山県美作市今岡754−1
宮本武蔵像 : 岡山県美作市下庄町 因幡街道(県道5号線)の吉野川に架かる「淀橋」
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。