烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武蔵ゆかりの人物の墓

 武蔵神社前から山の方に向かって行く道は、江戸時代には鳥取藩池田公が参勤交代のために通った旧因幡街道で、ずっと進んでいくと現在も舗装されていない「釜坂峠」があります。(行っていませんが。)

因州街道
因州街道

 旧因幡街道で武蔵神社を更に進んでいくと、道の脇に「森岩彦兵衛の墓」という石碑があります。そこから山へ少し上がると彦兵衛の墓があります。
 森岩彦兵衛は、宮本武蔵の竹馬の友で武者修行へ旅立つ武蔵を「釜坂峠」まで見送り別れを惜しんだと言われています。

森脇彦兵衛の墓の説明板
森脇彦兵衛の墓の説明板

森脇彦兵衛の墓
森脇彦兵衛の墓

 旧因幡街道沿いの森岩彦兵衛の墓を通り過ぎ、しばらく行った所に「本位田外記之助の墓」の碑があります。そこを上がった所に本位田外記之助という人物の墓があります。
 吉川英治の小説「宮本武蔵」の登場人物に、幼馴染のお通と本位田又八がいますが両者とも架空の人物です。しかし、本位田家は実在の一族であり吉川英治は、それをヒントに又八を創作したのでしょう。

本位田外記之助の墓の入口
本位田外記之助の墓の入口

 美作国竹山城主新免伊賀守の次席家老で小房城を預かっていた本位田外記は、同じ家老で武蔵の父親である平田無二の槍術の弟子でもありました。
 天正年間、中国地方進出を狙う織田軍は、羽柴秀吉が交渉し新免氏と友好関係を結んでいますが、人質交換などで新免氏側の交渉相手が本位田外記だったそうです。
 しかし、竹山城主新免伊賀守は、外記がやがて謀反を起こすのではないかと疑い、平田無二に上意討ちを命じます。無二は再三にわたり辞退しますが主命には逆らえず、ついに本位田外記を討ち果たしています。平田無二は外記を丁重に葬りますが上意討ちであったため墓石には文字が刻まれなかったそうです。

本位田外記之助の墓の説明板
本位田外記之助の墓の説明板

 ところで、吉川英治が「宮本武蔵」の連載を始めたとき、本位田家の末裔の東京帝国大学教授・本位田祥男氏が学生たちに又八とあだ名されたことから、「自分の先祖に又八という人物などいない」と新聞に投書し、これに対し吉川英治が「小説と史実を混同しないでほしい」と反論するなど論争が巻き起こっています。歴史物の小説やドラマで子孫の方がクレームをつけることは現在でもよくある事だそうです

本位田外記之助の墓
本位田外記之助の墓

岡山県美作市宮本
スポンサーサイト

| 戦国時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。