烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

箕作阮甫の墓所 多磨霊園

 囲碁史会のメンバーと、多磨霊園にある箕作(みつくり) 家の墓所にお参りしてきました。囲碁史会の南さんの知り合いに箕作さんという方がおられて、ここに眠る幕末の蘭学者、箕作阮甫のご子孫だそうです。箕作家は幕末から明治維新にかけて激動の歴史に大きく関わっています。

箕作家の墓所
箕作家の墓所

 箕作阮甫は、美作国津山藩(津山市)藩医の家に生まれ12歳で家督を相続。京都で漢方医学を学び、文政5年(1822)に藩医となります。翌年、江戸へ出ると蘭方医、宇田川玄真の門人となり蘭学を学んでいます。
 阮甫は、わが国初の医学雑誌『泰西名医彙講』や『外科必読』など多くの翻訳本を刊行。天保10(1839)年には幕府天文方蕃書和解御用を命ぜられ、外交文書の翻訳に当たっています。ペリー艦隊来航時には、米大統領国書の翻訳にあたり、対露交渉団の一員として長崎にも出向くなど活躍し、幕府の蕃書調所が創設されると教授職筆頭に任命され幕臣に取り立てられています。
 また、安政4(1857)年に「お玉ケ池種痘所」が設立された際には,拠出者の筆頭となっています。

箕作阮甫の墓
箕作阮甫の墓

 箕作省吾は箕作阮甫の娘婿で、幕末期に世界地理学者として活躍しています。文政4年(1821)に、仙台藩水沢領の領主水沢伊達氏の家臣・佐々木秀規の次男として生まれ、水沢の蘭医・坂野長安に学びます。長安は度々、箕作阮甫を賞賛していたため、省吾は江戸へ出ると箕作阮甫の門人となり、その才能を認められて、阮甫の娘しんの婿養子となります。
 弘化2年(1845)省吾は、最新の世界地図『新製輿地全図』を編訳した。そして、その解説を兼ねた世界地誌『坤輿図識』を刊行しますが、その疲れからか肺を病んで 弘化3年(1847)に26歳の若さで亡くなっています。しかし著書は、鍋島斉正や井伊直弼らが外交の指針として活用、吉田松陰やその門弟たちの世界観にも影響を与えたと言われています。

 箕作省吾の息子麟祥は、生まれてから僅か4ヶ月後に父が亡くなったため、祖父の阮甫に育てられます。
 文久元年(1861)、16歳のときに幕府の蕃書調所へ出仕します。慶応3年(1867)パリ万国博覧会の使節団に随行し留学していた麟祥は、明治維新後帰国し、私塾・共学社を開いていますが、この時の門下生には岸本辰雄や中江兆民らがいます。
 麟祥は、その語学力をが高く評価され、明治2年(1869)に政府からフランスの刑法の翻訳を命じられます。続いて民法や商法、訴訟法、治罪法も翻訳し、『仏蘭西法律書』として刊行。この書では、多くの法律用語が訳され「権利」「義務」という言葉も採用されています。また 国家の基本的条件を定めた根本法である”Constitution”を「憲法」と訳し、「動産」「不動産」といった単語も考案しています。
 その後も官僚として法制度の近代化に尽力した麟祥は、明治30年(1897)に52歳で亡くなりますが、政府は、その功績を讃えて男爵の爵位を追贈しています。

箕作省吾(左)と箕作麟祥(右)の墓
箕作省吾(左)と箕作麟祥(右)の墓

多磨霊園(東京都府中市多磨町4-628) 14区1種2側2番
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。