烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

総持寺 巌﨑建造の墓

 囲碁史会のメンバーと久しぶりに、西東京市田無町の総持寺にある方円社3代目社長・巌﨑建造のお墓参りに行ってきました。
 以前、紹介した際には、子孫の方から連絡をいただき、お会いして色々お話しをお聞きすることができました。
 巌﨑建造は、元の名を海老沢健造といい、多摩郡田無村の出身です。安井算知門下となると安政4年(1857)16歳で初段。その5年後には五段に昇段し、安井家四天王の一人と称されるようになります。

山門
山門

 明治に入ると、東京府消防指図役、神奈川県始審裁判所書記などの官職の道に進み、主に地方を廻りますが、明治15年(1982)に東京勤務となったのを機に、方円社の手合にも参加するようになります。この頃、絶家となっていた巌崎家を継ぎ名字を変えている建造ですが、家を継ぐにあたり、名字を「崎」(右上が”大”)から「﨑」(右上が”立”)に変えたそうで、ただ家を継ぐのではなく、自分が新しく興していくという思いを込めていたのかもしれません。この話は子孫の方に直接聞いたのですが、色々な資料や書物でも、「崎」(右上が”大”)の字が使われていることが多く、私も以前のブログ紹介では間違った字を使っていました。

本堂
本堂

 建造は、明治25年に請われて方円社の副社長となり、明治27年(1894)に七段。明治32年(1899)には中川亀三郎の後を継いで三代目社長に就任し、明治39年(1906)に八段に昇段しています。本因坊秀栄と並び、明治期の囲碁界をけん引していった建造は、大正元年(1912)に二代目中川亀三郎(石井千治)に社長を譲り引退すると、翌年73歳で亡くなっています。

巌﨑建造の墓
巌﨑建造の墓

 そういえば、巌﨑建造について、明治33年に出版された「維新後に於ける名士の逸談」という本で、次のような記述を見つけました。
 巌﨑建造が、まだ官吏をしている時に、公用があって埼玉県の地方裁判所に行ったことがあり、用事が済んだ後に、ある家に立ち寄ると、裁判所の官吏や県庁の職員が集まり、盛んに碁を打っていたそうです。
 対局を傍で見ていた巌﨑は「次は君が打ってみたまえ」としきりに勧められたものの、ニコニコ笑うだけで応じなかったため、一同は、巌﨑は囲碁を知らないのだなと思い、各自が囲碁の自慢話を始めたそうです。後に巌﨑が全国でもトップレベルの碁打ちであることを知った一同は冷や汗を流したとの事です。

 現代でもありがちな話ですので、皆さんも気をつけましょう。

巌﨑建造の墓
巌﨑建造の墓

東京都西東京市田無町三丁目8番地12号

【関連記事】 巌崎建造の墓

スポンサーサイト

| 方円社 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。