烏鷺光一の「囲碁と歴史」

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お菊塚 平塚市

 神奈川県平塚市の紅谷町公園にある「お菊塚」は、怪談「番町皿屋敷」のお菊の墓と伝えられています。
 伝承によるとお菊は平塚宿宿役人眞壁源右衛門の娘で、江戸の旗本青山主膳の屋敷へ行儀見習い奉公に出ていたところ、主人が大切にしていた南京絵皿十枚組のうち一枚を無くしてしまったとして怒りを買い、屋敷内の井戸に投げ込まれて殺されてしまったといいます。
 その後、お菊の遺体は引き上げられ、平塚宿まで送り返されますが、実際は、お菊が皿を無くしたのではなく、言い寄って来た家来を突っぱねたために皿を隠されたという無実の罪で亡くなったそうで、青山主膳の屋敷ではお菊が投げ込まれた井戸で、怨みを抱いたお菊の幽霊が現れたという噂が流れたことが物語が出来た経緯だそうです。
 お菊は眞壁家の墓所に葬られますが、罪人として扱われたため墓石が作られず、その代わりに栴檀の木が植えられたと言われ、昭和27年に戦後復興のために墓地が移転た際に、伝承通り焼けた栴檀の木の下から遺骨が発見されたと言われています。
 そして、その跡地は紅谷町公園の一部となり、お菊塚が建立されています。

入口
入口

お菊塚
お菊塚

お菊塚
お菊塚

説明板
説明板

神奈川県平塚市紅谷町15
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。