烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平塚駅 囲碁のまちひらつか記念塔

 神奈川県平塚市へやってきました。近代囲碁に大きな功績を残した木谷實九段は、平塚に居を構え、全国の才能豊かな子どもたちを自宅に預かり育てています。
 「木谷道場」と呼ばれた、その家で暮らした弟子は70人近くにもなり、その多くが現代の囲碁界を代表する棋士になっています。
 そのような縁から、平塚市は囲碁を貴重な文化資源として位置付け、囲碁文化の普及・振興を推進しています。

平塚駅
平塚駅

 平塚駅北口付近にある「囲碁のまちひらつか」記念塔は木谷實九段生誕100年を記念して平成21年(2009)に設置されたもので、詰碁の問題が掲示されています。なお、この問題は定期的に変更されているそうです。

囲碁のまちひらつか記念塔
囲碁のまちひらつか記念塔

平塚市宝町 平塚駅北口
スポンサーサイト

| 囲碁のある風景 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。