烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

知恩院

八坂神社から円山公園を経由して知恩院を訪れました。知恩院は、浄土宗の総本山で宗祖・法然が晩年を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院です。現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降の事です。




Imag3992
南門




 国宝の三門は元和7年(1621)に徳川二代将軍徳川秀忠が寄進して建立された門で高さ24メートルの日本最大級の三門です。正面に掲げられている「華頂山」の額は、江戸時代前期の第112代・霊元天皇の宸筆だそうです。




Imag3993
三門




知恩院の本堂は寛永16年(1639)に徳川3代将軍徳川家光によって建立。宗祖法然の像を安置していることから、御影堂とも呼ばれています。三門とともに国宝に指定されていますが、現在、修復作業が行われているため、その姿を拝むことが出来ませんでした。




Imag3996
御影堂(現在)




 阿弥陀如来坐像が安置されている「阿弥陀堂」は、明治時代の再建ですが、正面に掲げられている「大谷寺」という勅額は、室町時代の第105代天皇・後奈良天皇によるものだそうです。




Imag3999
阿弥陀堂


 本堂の東方に建つ「経蔵」は、三門と同じ元和7年(1621)に建立された建物で重要文化財に指定されています。徳川秀忠寄進による宋版大蔵経六千巻を安置する輪蔵が備えられています。




Imag4007
経蔵




 法然上人御堂(集会堂)は、寛永12年(1635)に建立され、俗に千畳敷といわれるほど広いお堂です。
 老朽化のために行われた半解体修理が平成23年に終了。続いて始まった本堂・御影堂の大修理の間、御本尊である法然上人像が移され各種法要などが執り行われています。



Imag4001
法然上人御堂(集会堂)入口の武家門




京都府京都市東山区林下町400



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 05:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/166-fc32b4ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。