烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

帝国ホテル中央玄関 日本棋院の設立

 東京都千代田区内幸町にある、日本を代表する高級ホテルのひとつ「帝国ホテル」の中央玄関が明治村へ移築されています。
 帝国ホテルは明治23年(1890)に開業しますが、開業当時の建物は大正8年(1919)に失火により全焼。新館は20世紀建築界の巨匠、アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトによる設計で、4年間の歳月をかけて大正12年(1923)に完成しています。
 ライトのホテルは、鉄筋コンクリート造で、10のブロックを繋ぎ合わせた構造になっており、大規模ホテルとして世界初の全館スチーム暖房を採用するなど、耐震防火を大変意識した建物だったそうです。移築された中央玄関は、軒や手摺に使われた白い大谷石の帯が幾段にも重なり華麗な外観を現しています。
 建設にあたり、ライトは使用する石材や、調度品に使う木材の選定などを徹底管理。そのため大幅な予算オーバーと工期の遅れが生じ、完成前に経営陣との対立から日本を離れることになります。しかし、大正12年に建物が完成し、落成記念披露宴の準備が行われる中、「関東大震災」が発生すると、帝国ホテルが、ほとんど無傷であったことから、ライトが心血を注いだホテルの素晴らしさが証明されることとなります。

帝国ホテル中央玄関
帝国ホテル中央玄関

 帝国ホテルは、以前も紹介しましたが、囲碁界においても大きな変革の舞台となった場所です。
 関東大震災を機に、対立状態にあった囲碁界が再び集結しようという気運が高まる中、囲碁界の有力支援者であり、帝国ホテルを経営していた大倉喜七郎らが働きかけ、大正13年3月に帝国ホテルにて「碁界合同問題基礎協議午餐会」を開催。その後、数回の話し合いを経て、ついに「日本棋院」が設立されます。
 明治村に移築された中央玄関は、話し合いに臨む本因坊秀哉ら関係者が行き来した場所でもあるのです。

ロビー
ロビー

明治村:愛知県犬山市字内山1番地
  5丁目67番地

【関連記事】 帝国ホテル 日本棋院設立の舞台
スポンサーサイト

| 日本棋院 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。