烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明治村一丁目の建物 1

 犬山市の明治村は、園内を一丁目から五丁目までに区切り、各建物に番地が付けられています。

 「三重県尋常師範学校・蔵持小学校」は、明治19年(1886)の師範学校令により、学校教師の養成を目的に、東京に高等師範学校が、各県に一校ずつ尋常師範学校が設けられますが、明治21年に三重県の尋常師範学校本館として建てられたものです。
 昭和3年(1928)に、本館の改築に伴い名張市の蔵持村に移築され、蔵持小学校として使われてきました。
 明治村で保存公開されている三重県庁舎と同じ清水義八の設計で、E字形左右対称二階建だったそうですが、明治村に移築保存される際に、中央玄関部分と右翼の二教室分のみが遺されています。

三重県尋常師範学校・蔵持小学校
三重県尋常師範学校・蔵持小学校

入口
入口

教室
教室

 明治維新により江戸城は皇居となり、明治2年(1869)に旧西丸殿舎が宮殿として使用されますが、同6年に火災により焼失。西南戦争等の混乱で新宮殿が再建されたのは明治21年(1888)のことです。
 近衛局本部付属舎は、この時に宮城警護のための皇宮警察庁舎の一部として坂下門内に建設が始まりますが、建設中に用途が近衛局(後に、近衛師団と改称)本部にかわって変わっています。その後、師団本部移転に伴い、皇宮警察本部となり、昭和42年(1967)まで坂下護衛所として使用されていました。

近衛局本部付属舎
近衛局本部付属舎

近衛局本部付属舎
近衛局本部付属舎

 現在、内部では明治維新に関係した偉人達の足跡が紹介されています。

偉人たちのパネル
偉人たちのパネル

明治村 : 愛知県犬山市字内山1番地
 三重県尋常師範学校・蔵持小学校  1丁目3番地
 近衛局本部付属舎  1丁目4番地
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。