烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

博物館 明治村

 今回、名古屋から熱海にかけて移動してきましたが、思えば、名古屋へ行く前に、犬山市の「明治村」に立ち寄っていたのを紹介していませんでしたので、今回紹介させていただきます。

 「明治村」は初代館長の谷口吉郎と名鉄社長の土川元夫が、戦後の急速な経済成長の蔭で失われつつある明治時代の貴重な建築物を後世に残そうと財団を設立。全国から歴史的、芸術的に価値のある建物を移築して博物館として昭和40年(1965)に開園しています。

 「明治村」の正門は、名古屋の旧制第八高等学校の正門を移築したものだそうです。
 明治41年(1908)に設立された同校は、翌42年に新校舎が落成していますが、正門もこの時に建設されています。
 四本の門柱は、赤いレンガに白い花崗岩を帯状に配され、明治洋風建築の特徴をよく表しています。

正門・第八高等学校正門
正門・第八高等学校正門

 慶応3年(1867)に神戸が開港し、外国人居留地に外国人が住み始めると、これに伴い、外国人相手の商売が行われます。
 日本では食べられてなかった牛肉を納める業者も出てきて、その一人岸田伊之助が明治20年(1887)頃牛肉販売と牛鍋の店として建てたのが「大井牛肉店」です。
 外国の商館が立ち並ぶ神戸の街中にふさわしく、洋風の建物で、一階の入口と二階のベランダをアクセントとし、西洋古典様式の柱と半円アーチの窓が配されていますが、日本古来の技法も用いられ、木造に白漆喰を塗って柱や窓廻りを形作っています。
 「大井牛肉店」は、現在、牛鍋屋としての営業も行っています。

大井牛肉店
大井牛肉店

 明治6年(1873)にキリスト教の禁止令が解かれると、各地に教会堂が建てられるようになります。
 聖ヨハネ教会堂は、明治40年(1907)京都の河原町通りに建てられたプロテスタントの一派日本聖公会の京都五條教会で、二階が会堂に、一階は日曜学校や幼稚園に使われていました。
 中世ヨーロッパのロマネスク様式を基調に、細部にゴシックのデザインが採用された外観で、会堂内部は、柱などの骨組が細目で、実際より室内を広く感じさせています。京都の気候に合わせ天井に竹の簀が使われ、明るい窓の光が反射し、開放感を増しています。
 聖ヨハネ教会堂は、重要文化財に指定されています。

聖ヨハネ教会堂
聖ヨハネ教会堂

内部
内部

愛知県犬山市字内山1番地
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。