烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熱海 起雲閣

 熱海温泉の「起雲閣」は、もともと農商相・内田信也が大正8年(1919)に別邸として建築。その後、実業家・根津嘉一郎の別荘となり、熱海三大別荘の一つに数えられています。昭和22年(1947)より、旅館「起雲閣」として開業し、山本有三、太宰治など多くの文豪に愛されてきました。
 現在は、熱海市が取得し、市指定有形文化財として一般公開されています。

 起雲閣の表門は、薬医門とよばれる造りで、大正8年(1919)に創建されています。
 薬医門は、鎌倉時代末期から室町時代初期にかけて成立した形式で、本柱の後方に控え柱を立て、その上に女梁めうつばり・男梁おうつばりをかけ、切妻屋根をのせた構造となっています。
 薬医門は、鎌倉時代末期・室町時代初期の武家または公家の屋敷などに現れた門形式のひとつで、後に城郭や寺社などにも使われるようになりました。
 起雲閣の薬医門は、現在、屋根瓦が載っていますが、創建当初は、檜皮葺(ひわたぶき)だったそうです。

表門
表門

 起雲閣の庭園は、池泉回遊式庭園と呼ばれ、眺望だけでなく、散策も楽しめる庭園となっています。
 敷地内の各建物の部屋の、どこから眺めてもすばらしい庭が眺めれるよう設計されています。

庭園から臨む建物
庭園から臨む建物

外観
外観

 洋館「金剛」に併設されている「ローマ風浴室」は、1989年の改築で、多くが新しい部材に改められていますが、ステンドグラスの窓やテラコッタ製の湯出口などは、建築当時の物が残されています。浴室のタイルは、肌触りの良さや滑り止めの効果を考慮して、木製のタイルが使用されていました。

ローマ風浴室
ローマ風浴室

 洋館「玉姫」は、二代目の持ち主、根津嘉一郎により建てられ、昭和7年(1932)に完成しています。
 基本は中央に暖炉が配置されたヨーロッパ風のデザインですが、「折上格天上」などの日本の建築様式や、「喜」の文字をデザインした中国風の彫刻、シルクロードで伝わった唐草模様の彫刻も採用されています。
 また、「玉姫」にはサンルームが併設されていて、ステンドグラスの天上や、色鮮やかなタイルの床が特徴となっています。

洋館「玉姫」
洋館「玉姫」

 洋館「玉渓」は、ヨーロッパの山荘風の構造ですが、入口の天井に茶室を思わせる竹が用いられるなど、日本建築様式も取り入れられています。

洋館「玉渓」
洋館「玉渓」

静岡県熱海市 昭和町4-2
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。