烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

光照寺~牛込城跡

 新宿区袋町にある光照寺一帯は戦国時代に、この地域の領主であった牛込氏の居城があったところです。



 牛込氏は上野国勢多郡大胡(群馬県)の領主・大胡氏の一族で、天文年間(1532~1555)に南関東に移り北条氏の家臣となりました。



 天文24年(1555)にこの地域(赤坂、桜田、日比谷も含む)の領主となり姓を「牛込」と改めます。



 北条氏滅亡後、牛込氏は徳川家康の旗本となり牛込城は廃城となっています。



 光照寺は神田にありましたが天保2年(1645)に現在地へ移転しました。



 



Imag0036 Imag0038
光照寺入口と本堂(撮影当時は改修中)
                  



Imag0039 Imag0037
鐘楼堂(左)と牛込城の説明板(右)




      
 新宿区袋町15番地

スポンサーサイト

| 戦国時代 | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/165-f61286db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。