烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

呉清源と本因坊薫和  十番碁の碁盤

 和館「麒麟・大鳳」は、大正8年(1919)に、最初の持ち主、内田信也が母親の静養の場所として建てた別荘です。
 座敷の周囲を座敷と同じ高さに揃えた畳廊下で囲むバリアフリー構造は入側造と呼ばれ、車椅子で生活していた実母に対する配慮だと言われています。
 建物の特徴である群青色の壁は、旅館となってから塗り替えられたものだそうで、石川県加賀地方の伝統的な技法、「加賀の青漆喰」が採用されています。採用された理由は、旅館を開業した桜井兵五郎が石川県出身であったためといわれています。

麒麟の間入口
麒麟の間入口

 起雲閣の「麒麟の間」には、碁盤と碁石が展示されています。これは、昭和 24 年 2 月呉清源と本因坊薫和が打込み十番碁で使用したものだそうです。
 呉清源といえば木谷實との十番碁が有名ですが、その後も何人かと行っていて、本因坊薫和こと岩本薫とは、昭和23年(1948)7月7日から昭和24年(1949)年2月24日にかけて行われています。当時、岩本薫は本因坊位を連覇して八段になったばかりでしたが、結果は7勝2敗1ジゴと、呉清源が勝ち越しています。

麒麟の間
麒麟の間

碁盤
碁盤

裏書
裏書

棋譜
棋譜

静岡県熱海市 昭和町4-2
スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。