烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本因坊秀哉終焉の地 ウロコ屋旅館

 熱海の温泉街では「熱海七湯」と呼ばれる源泉が所々にあり湯気が湧き出ています。
 その中の一つ、「小沢の湯」は、もともと沢口弥左衛門、藤井文次郎、米倉三左衛門の庭の湯を「平左衛門の湯」と称していましたが、地元の人々は小沢にあったので「小沢の湯」と称していたそうです。
 「小沢の湯」では、吹き出す蒸気で温泉卵を作って食べることができ、熱海のちょっとした名所となっています。

小沢の湯
小沢の湯

説明板
説明板

 以前も紹介しましたが、最後の本因坊家当主、二十一世本因坊秀哉は昭和15年(1940)1月18日に熱海にあった「うろこ屋旅館」(現存せず)で亡くなっています。
  秀哉は喜代夫人を伴い「うろこ屋旅館」に滞在。1月16日には、作家の川端康成が訪れ、午後から夕方まで将棋に興じるほど元気だったそうです。しかし、翌日に持病の「心臓衰弱症」が悪化し危篤となり、知らせを聞いて駆けつけた、門下の村島五段、高橋・小杉両四段、京都の吉田五段(段位は全て当時のもの)らが看病しています。「こんどばかりはやられたよ…」とニコリと笑い、弟子達の労をねぎらった秀哉は、翌18日午前6時55分、静かに眠るように67歳の波乱の人生を閉じています。
 当時の様子を新聞は、臨終の様子を「うろこ屋旅館」の部屋の窓から見える夜明けの海のように静かだったと伝えています。

 その本因坊秀哉臨終の地である「うろこ屋旅館」が、どこにあったのか熱海市観光協会へ聞いてみるなど調査した結果、 「小沢の湯」の隣りにあったことがわかりました。現在は、ここから海を見ることはできませんが、当時は高い建物もなく海を臨むことができたのでしょう。

明治40年の地図
明治40年の地図

小沢の湯周辺
小沢の湯周辺

 「うろこ屋旅館」は昭和19年春に発生した大火で焼失し現存していません。戦後、別の場所で「ウロコ屋ホテル」として営業を再開しますが、そのホテルも、もうありませんでした。

戦後の移転先
戦後の移転先

小沢の湯 : 静岡県熱海市銀座町14−14
ホテルウロコヤ跡(移転後のウロコ屋) : 業務スーパー熱海店 静岡県熱海市昭和町5-11
スポンサーサイト

| 本因坊家 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。