烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本因坊秀和誕生の地碑 最福寺

 本因坊丈和の故郷である沼津市西浦木負から、更に車で40kmほど南下したところにある伊豆市小下田は本因坊秀和の故郷であることが知られています。
 最福寺は、秀和の実家である「土屋家」の菩提寺であり、「秀和誕生の地」の碑や資料館があるそうで、レンタカーで現地へ向かいました。

最福寺入口の標識
最福寺入口の標識

 西伊豆には鉄道網が無いため、最福寺へ公共交通機関で行こうとすると、修善寺駅から東海バスで50分かかるそうです。決して便利な場所ではないため、移動には車が最適と考えられます。
 今回、幸いにも車で近くへ来る機会がありましたので、この機を逃したら再び訪れることは当分ないと考え、少し離れていましたが、コースへ組み込みました。

最福寺入口
最福寺入口

最福寺
最福寺

 最福寺の境内には樹齢50年ほどのしだれ桜が約30本あります。春には、ピンポン球ほどの大きさの花が、垂れ下った枝の先に20個ほどが密集して咲き乱れるそうで、2002年に新種と認定され「伊豆最福寺しだれ」と命名されています。

しだれ桜
しだれ桜

 最福寺の境内には「秀和誕生の地」の碑が建立されています。秀和の生家は最福寺の隣りにあり、1990年に生誕170周年を記念して建立。文字は坂田栄男の揮毫によるもので、除幕式には坂田氏も訪れられています。

秀和誕生の地碑
秀和誕生の地碑

 碑の台座は碁盤になっていて、碁石も置かれています。台座の石は碁盤に見える材質を探して選定したそうです。

碁盤を模した台座
碁盤を模した台座

静岡県伊豆市小下田1667
スポンサーサイト

| 本因坊家 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。