烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三嶋大社 囲碁の彫刻

 三嶋大社の拝殿には見事な彫刻がありますが、その中には囲碁の彫刻もあります。
 場所は拝殿上部の向かって右側で、内容は「吉備真備囲碁の図」だそうです。
 吉備真備は以前も紹介しましたが、奈良時代の学者で右大臣にまで出世した人物です。遣唐使として唐に渡り、暦学など多くの知識や書物を日本に伝えたことで知られていますが、囲碁を日本に持ち込んだのも真備であると伝えられています。
 吉備真備の才能を恐れた唐人は、様々な難問を突き付けますが、その中に唐の名人との囲碁の勝負の場面もあり、彫刻は、その様子を彫った物だそうです。

吉備真備

拝殿
拝殿

拝殿の彫刻
拝殿の彫刻

囲碁の彫刻
囲碁の彫刻

静岡県三島市大宮町2-1-5

【関連記事】
 金戒光明寺
 まきび公園(吉備真備の墓)
 吉備公館址と真備公産湯の井戸
 吉備真備公園(矢掛町)
 「吉備真備公園」矢掛町
 「吉備真備公園」2 矢掛町
 囲碁発祥の地記念碑
 吉備大臣産湯の井戸
スポンサーサイト

| 囲碁のある風景 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。