烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白隠禅師の墓 松陰寺

 沼津市原にある「松陰寺」は、鎌倉時代中期の弘安2年(1279)に創建。一時、衰退しますが、江戸時代前期に大瑞宗育により中興されます。松陰寺は、臨済宗中興の祖である白隠禅師が住職を務めた寺として知られています。

松陰寺参道
松陰寺参道

参道脇の石蔵
参道脇の石蔵

 松陰寺に着いたのは夕方で、門前にある仏壇店のご主人が店じまいをしておられましたが、私たちを見かけ、松陰寺について色々説明して下さいました。
 山門の瓦は石で出来ていて、その数は煩悩と同じ108枚あるそうです。

石瓦の山門
石瓦の山門

 「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山と原の白隠」といわれた白隠慧鶴は、元禄12年(1699)に松蔭寺で得度すると諸国を行脚し修行。享保2年(1717)に帰郷して松蔭寺住職となると、富士山宝永大噴火で荒廃した寺の復興を図ります。
 白隠禅師は禅の民衆化・革新に尽力し松蔭寺には多くの門弟が集ったと伝えられています。白隠禅師の活躍で当時衰退していた臨済宗は勢いを取り戻したことから、白隠は「中興の祖」と呼ばれています。
 白隠禅師は、明和5年(1768)に松蔭寺にて亡くなり葬られています。

松陰寺本堂
松陰寺本堂

 白隠禅師は、禅を広く民衆に広めるため、その教えを表した絵や書が多く残されています。その独特の表現法は現在でも高く評価されています。
 白隠禅師は囲碁の愛好家だったそうで、囲碁を打つ自画像も描かれています。「囲碁をする白隠自画像」では碁盤に線がなく、碁石も持っていません。見えない碁石で、見えない線に碁を打つ姿は、禅の教えを表現しているのでしょうか。

白隠禅師の墓
白隠禅師の墓

 白隠禅師の墓の近くに「白隠禅師塔所」と刻まれた巨大な碑が建立されています。本堂から背を向ける形で立っていますが、これは墓所に接している東海道本線の電車の窓から見えるように配置されたもので、白隠禅師の墓がここにある事を広く知らせるために、真珠王として知られる御木本幸吉が寄贈したものと伝えられています。

「白隠禅師塔所」の碑
「白隠禅師塔所」の碑

静岡県沼津市原128番地
スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。