烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久能山東照宮2

 久能東照宮の唐門は元和3年(1617)に建てられたもので、社殿の前に繋がり極彩色の漆塗りが施されています。
 青色の塗りが特徴ですが、この色は「ラピスラズリ(瑠璃色)」と言い、薬師如来の放つ光の色と言われています。
 唐門は国の重要文化財に指定されています。

唐門
唐門

 久能山東照宮の社殿は、本殿・石ノ間・拝殿で構成された「権現造」で、元和3年(1617)の落成。家康公が亡くなってから1年7ヶ月という短期間で建てられた社殿は、その後建造される日光東照宮を始めとする全国の東照宮の原型とされています。
 江戸時代初期の最高の建築技術・芸術が結集した社殿は、国宝に指定されています。

拝殿
拝殿

唐門前にある唐銅燈籠は唐門の附属として、一緒に重要文化財に指定されています。

 唐門前の唐銅燈籠

唐門前の唐銅燈籠
唐門前の唐銅燈籠

 境内にある「日枝神社」は、元は薬師如来像を安置した薬師堂でしたが、明治時代に神仏分離令で仏像を移し、山中にあった山王社の御神体を納めたと伝えられています。

日枝神社
日枝神社

 境内に家康公の手形が展示されていました。家康公は身長155cm、体重60kgだったそうです。

家康公の手形
家康公の手形

 静岡には玩具メーカー「バンダイ」の工場があり、そこで「ガンダムシリーズ」のプラモデル(ガンプラ)が製造されています。
 平成22年に開催された「静岡ホビーフェア」では、等身大のガンダムが展示されるなど話題を呼びましたが、この時、久能山東照宮に奉納されたのが、家康公の鎧をモチーフとした特別仕様のガンプラです。
 一つは家康公が初陣で着用したと言われる「金陀美具足」をモチーフとした「武者ガンダム」。もう一つは関ヶ原の戦いで着用したと言われる「歯朶具足」をモチーフとしたSDガンダムです。

奉納された徳川家康公型ガンダム
奉納された徳川家康公型ガンダム

静岡県静岡市駿河区根古屋390
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。