烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久能山東照宮 家康公の神廟

 久能山東照宮の社殿の脇を抜けると、家康公が葬られていた御神廟へとつづく参道があります。参道の両脇には家康公に仕えた大名たちが奉納した石灯籠が据えられています。

神廟へと続く参道
神廟へと続く参道

 「神廟」は徳川家康公の遺骸が埋葬された場所に立つ廟で、当初は小さな祠だったそうですが、その後、三代将軍徳川家光公により現在の石塔が建てられたそうです。家康公の遺命により、西国ににらみをきかすため西向きに建てられています。

神廟
神廟

神廟
神廟

 神廟のすぐ近くには、家康公愛馬の墓もありました。

家康公愛馬の墓
家康公愛馬の墓

静岡県静岡市駿河区根古屋390
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。