烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出世城「浜松城」

 名古屋から浜松市へ移動しました。浜松市のシンボルとも言える浜松城は、
 元亀元年(1570)に徳川家康は武田信玄の侵攻に備えるため本拠地を岡崎城から遠江国曳馬にあった曳馬城に移します。そして曳馬城を拡張する形で築城されたのが浜松城です。
 家康が信玄に大敗した三方ケ原の戦いも浜松城の時代の話です。元亀3年(1573)、上洛を目指して侵攻する武田信玄がこの城を攻める素振りを見せながらこれを無視するように行軍。その挑発にのった家康は浜松城から打って出ますが、武田軍の巧妙な反撃に遭い敗走。家康は討ち死に寸前まで追い詰められましたが、ようやく浜松城まで逃げ帰ります。家康は全ての城門を開いて武田軍に警戒心を抱かせ難を逃れたといいます。
 家康が浜松城に居たのは29歳から45歳までの17年間。その後、武田の滅亡にともない拠点は駿府城へ移された後、豊臣秀吉により家康は関東へ移封となり江戸へ拠点を移しています。

浜松城公園案内図
浜松城公園案内図

 江戸時代、浜松城には譜代大名各家が次々に入り、その多くが後に老中など幕府の要職を歴任。そのため浜松城は「出世城」と呼ばれています。天保の改革で知られる水野忠邦も城主を務めています。

浜松城(復元)
浜松城(復元)

若き日の徳川家康公
若き日の徳川家康公

 浜松城の城跡は、現在「浜松城公園」として整備され、天守閣は鉄筋コンクリート造りで復元されています。
 また、城の石垣は戦国時代の特徴をよく表す自然石をくみあわして組み合わせて造る野面積です。

野面積みの石垣
野面積みの石垣

野面積みの説明板
野面積みの説明板

静岡県浜松市中区元城町100−2
スポンサーサイト

| 戦国時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。