烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大林寺 伊藤子元の墓

 3年ぶりに、名古屋の大林寺にある伊藤子元の墓へお参りしました。
 本因坊烈元門下で、伊藤松和や加藤隆和など、後の世に名を残す棋士を育て上げた人物です。

大林寺山門
大林寺山門

 墓石にはヒビが見られますので、このままだと、お墓は良く管理されていますが、いずれ表面が剥離してしまうかもしれません。あちこち囲碁史に関わるお墓にお参りしていますが、あくまで子孫の方の所有物ですので、無縁墓となったり、先祖代々の墓として整理され、無くなってしまった事が良くあります。貴重な史跡を次世代につなげることの難しさを感じます。

伊藤子元の墓
伊藤子元の墓

ヒビが入った様子
ヒビが入った様子

 ところで、伊藤子元が眠る大林寺は、名古屋城築城の普請奉行を務め、その後、徳川家康により尾張藩の初代藩主・徳川義直を補佐する年寄となった瀧川忠征が、寛永5年(1628)に一族の菩提寺として建立した寺院です。
 墓所には、忠征を初めとする瀧川家一族の墓があります。

瀧川家一族の墓
瀧川家一族の墓

大林寺:愛知県名古屋市千種区城山町1-3

【関連記事】 伊藤子元の墓
スポンサーサイト

| 本因坊家 | 11:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。