烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再び方円社跡である虎ノ門ヒルズへ

 愛宕町の旧方円社跡に続いて、以前紹介した愛宕町の次の跡地である虎ノ門ヒルズへやってきました。
 明治43年(1910)に、現在、虎ノ門ヒルズが建っている芝区桜川町2番地に方円社は移転していますが、その二年後に巌埼健造は引退を発表。後任の四代目社長に二代目中川亀三郎(千治)が選ばれています。
 桜川町2番地は、けっこう広い範囲となるので、その中のどこに方円社があったかは特定できていません。

虎ノ門ヒルズ
虎ノ門ヒルズ

虎ノ門ヒルズ
虎ノ門ヒルズ

大正元年の地図
大正元年の地図。赤枠の中が桜川町2番地。

虎ノ門ヒルズのテラス
桜川町2番地であった虎ノ門ヒルズの北側のテラス

東京都港区虎ノ門1丁目26

【関連記事】
 方円社の会館跡が東京の新しいランドマークに
 虎ノ門ヒルズは方円社跡
スポンサーサイト

| 方円社 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。