烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明治40年前後の方円社跡

 明治以降、囲碁界の一翼を担ってきた方円社ですが、その場所は、度々変わっています。
 明治32年(1899)、巌埼健造が3代目社長に就任すると方円社は下谷区徒町(台東区)に移転しています。その場所は巌埼が社長に就任する以前から巌埼の住所として段級録に記載されている事から、元々巌埼の碁会所だったと考えられます。
 その後、明治39年(1906)に方円社は芝区愛宕町二丁目5番地に移転し、披露会が浜町の「日本橋倶楽部」で行われたと記録されています。
 愛宕町二丁目5番地は、現在の西新橋の愛宕神社前交差点の近く、慈恵大学西新橋キャンパスの北側に位置します。大正元年の地図を見てみると5番地は3区画に分かれていて、北側は学校でしたので、方円社は南側の2区画のどちらかにあったと思われます。現在の場所で言うと、「ParkCube愛宕山タワー」というマンションの角の交差点付近か、その東側、現在、慈恵大学西新橋キャンパスの再整備で、新病院と新大学2号館が建設されている場所にあたります。

愛宕町2丁目(大正元年)
愛宕町2丁目(大正元年) ピンクのエリアが5番地。

 明治39年(1906)の方円社移転の披露会当日に巌埼健造は八段に昇段。その約一月後には、本因坊秀栄が九段(名人)となっています。巌埼は秀栄に争碁を申し込みますが、秀栄は田村保寿を代理に立てると申し出たため苦笑して撤回したそうです。
 この場所に方円社があったのは4年ほどで、その間、引き続き巌埼が社長を務め方円社の運営は安定していました。しかし、本因坊家では明治40年に秀栄が亡くなり、跡目争いが発生。秀元が再襲名し、翌年本因坊秀哉が家督を継承するなど、囲碁界全体としては大きく時代が変わっていった時期でした。

愛宕神社前交差点
愛宕神社前交差点

方円社跡付近
方円社跡付近。白い塀は新病院と新大学2号館の建設現場です。

東京都港区西新橋3丁目18付近

スポンサーサイト

| 方円社 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。