烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

増上寺と囲碁

 将軍家の菩提寺である増上寺は江戸時代以降、囲碁界とも深い関わりをもち、数々の対局が行われています。
 また、江戸時代、増上寺の修行僧であった小松快禅は素人ではありましたが囲碁の強豪として知られ、跡目時代の本因坊烈元と先で十番碁を打ち、5勝5敗と打ち分けています。大胆な捨て石から全局を圧倒する外勢を築く「快禅の大塗り」と呼ばれるハメ手で有名です。
 小松快禅については、林元美の『爛柯堂棋話』で幽霊と碁を打った話が紹介されています。宝暦の頃、上州厩橋の近藤佐司馬という碁好きの人物が、快禅に二子で2局勝ったことから、これが評判となり旗本や井上春碩因碩に招かれて大変喜んだそうです。そこで、快禅に先での対局を申し込みますが、まだそのレベルでは無いと断られ、がっかりして帰郷します。翌年、再び近藤が快禅を訪ねて来て熱心に対局を頼むので打ったところ、近藤の棋力はかなり上がっていて、深夜までかかって、ようやく快禅が勝ったそうです。近藤は礼を言って立ち去れますが、後日厩橋から来た人にその話をすると、近藤は長く病を患い、その対局の日に亡くなっていたという事が分かったそうです。

増上寺大殿
増上寺大殿

東京都港区芝公園4−7−35
スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。